エフピーod錠 添付文書 – ファーミック / 添付文書改訂情報

「エフピーod錠2.5」の添付文書です. レボドパ含有製剤併用及び非併用のパーキンソン病患者488例中177例(36.3%)に副作用が認められた。

用法・用量(添付文書全文)

エフピー株式会社:エフピーod錠2.5のヒトにおける血中濃度に関する資料−エフピー錠2.5との比較試験−(社内資料) 文献請求先. 主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい。 エフピー株式会社 医薬学術部

エフピーod錠2.5の効果と副作用、飲み合わせ、注意など。次のような症状は、副作用の初期症状である可能性があります。ないものが見えたり、意識が乱れ正常な思考ができない [幻覚、妄想、錯乱、せん妄]。胸の痛み、圧迫感 [狭心症]。高熱、意識障害、筋肉のこわばり

健常成人にエフピー錠2.5及びエフピーod錠2.5を経口投与したクロスオーバー試験で、代謝物であるn-デスメチルセレギリンの血漿中濃度測定の試験結果は下記のとおりであった 25) 。

日米の医薬品添付文書 とした臨床試験、レボドパ含有製剤併用及び非併用患者を対象とした使用成績調査及びエフピーod錠2.5のレボドパ含有製剤非併用のパーキンソン病患者を対象とした臨床試験の結果を合わせて算出した。

[PDF]

fp-od(セレギリン塩酸塩口腔内崩壊錠) 品 名 エフピーod 錠 2.5 成分・含量 1錠中 セレギリン塩酸塩を2.5mg 含有 fp-od2.5(ptpシートに表示) 直径(㎜) 厚さ(㎜) 7.5 4.2 0.16 表 面 裏 面 側 面 重さ(g) 識別コード 外 形 等 添 加 物

「エフピー®od錠2.5」の添付文書を改訂しました。 2015年02月23日 「エフピー®od錠2.5」包装変更のお知らせ; 2015年02月23日 「エフピー®od錠2.5」の添付文書を改訂しました。 2015年02月23日 「エフピー®od錠2.5」使用上の注意改訂のお知らせ; 2014年07月29日

薬価と添付文書の検索サイト 【2019年10月新薬価対応】(2019年8月26 エフピーOD錠2.5 2.5mgの同種薬・薬価一覧 検索結果 1 件 ( 1 ~ 1 件目表示) ※同種薬=薬効、剤形、規格が同じ医薬品です。 【添付文章】ボタンのリンク先が間違っている場合が

パーキンソン病治療薬のエフピーod錠(セレギリン塩酸塩)の効能・特徴は前の記事で書きました。けれど、この「エフピー」という薬には、副作用だけでなく、他の薬にはない取り扱い上の注意などの管理・保管面での特徴もあるのです。 チョッと驚きます

☆ エフピーOD錠2.5 : 製造販売元/エフピー株式会社 更新日:2015年12月21日 処方箋医薬品

製剤写真付きの添付文書を、疾患別処方ランキング、適応症から検索する事ができます。pc版では相互作用チェック、飲食品相互作用チェック、薬価比較など医療者にとって便利なツールが揃っています。

エフピーod錠2.5との飲み合わせ情報。エフピー株式会社の「エフピーod錠2.5」と併用してはいけない(禁忌)、または、注意が必要な処方薬が1027件あります。

エフピーod錠2.5について薬剤師が解説します。効果・副作用・妊娠中や子供の服用の注意点、同じ成分の薬も掲載。エフピーod錠2.5についてわからないことがあれば薬剤師に無料で相談することもできます。

アジレクト錠の添付文書情には「エフピーOD錠からアジレクト錠へ切り替えを行う際は、エフピーOD錠の投与を中止してからアジレクト錠を開始するまでに少なくとも14日間の間隔を置くこと」と記されています。 アジレクト錠:選択的MAO-B阻害剤

[PDF]

エフピーOD錠2.5 【この薬は?】 販売名 エフピーOD 錠2.5 FP-OD Tablet 2.5 一般名 セレギリン塩酸塩 Selegiline hydrochloride 含有量(1 錠中) 2.5mg 患者向医薬品ガイドについて 患者向医薬品ガイドは、患者の皆様や家族の方などに、医療用医薬品の正しい理解

トラマールOD錠50mg(一般名:トラマドール塩酸塩錠)の薬効分類・副作用・添付文書・薬価などを掲載しています。「処方薬事典」は日経

私たちが医療機関で処方される医療用医薬品には、主に「新薬(先発医薬品)」と「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」の2種類があります。新薬は、その名の通り新しい有効成分・使い方が開発され1番目に発売される薬のこと。一方でジェネリック医薬品は、新

2018年6月11日 アジレクト錠(【般】ラサギリンメシル酸塩)が発売されました。2019年6月1日には長期処方が可能となります。~ 同種同効薬はエフピー ~このアジレクト錠の同種同効薬は同じmao-b阻害剤のエフピーOD錠(【般】セレギリ

エフピーod錠(セレギリン塩酸塩)名称商品名:エフピー一般名:セレギリン塩酸塩剤形、規格od錠:2.5 mg構造薬効分類パーキンソン病治療剤(選択的 mao−b阻害剤)薬効薬理・作用機序セレギリン塩酸塩は、脳内においてモノアミン酸化酵素b(mao−b)を阻害し、脳内ドパミン濃度を上昇させる

エフピーod錠は禁忌,相互作用の多い薬です。 新しい処方薬が出た際に相互作用を確認するのは、もちろんの事、定期的に「併用薬に注意すべき薬剤である事」を伝え、他で併用薬をもらっていないか確認するようにしないといけません。

レボドパ含有製剤投与中の患者に本剤の投与を開始する場合、及び本剤投与中の患者にレボドパ含有製剤の投与を開始する場合には、レボドパ含有製剤と本剤の併用によりレボドパの副作用が増強されることがあるので、観察を十分に行い慎重に維持量を決定すること。

お医者さんで処方してもらうお薬(医療用医薬品)を検索できます。「くすりのしおり®」は、患者さんにわかりやすい表現で、必要最小限の内容を盛り込んだ薬の情報です。 製薬企業が作成し、くすりの適正使用協議会が管理しています。一部、英語訳もされています。

エフピーとは? まずは名前の由来からいきましょう。エフピーの剤形は水なしで服用できるOD錠のみとなっています。Fujimoto·s anti-parkinson drug(藤本製薬の抗パーキンソン病治療薬)とOral disintegrated formula(口腔内崩壊錠)から FP-OD Tablet と

「エフピーod錠2.5」の用法用量や効能・効果、副作用、注意点を記載しており、添付文書も掲載しています。

[PDF]

エバステルOD錠10mg (大日本住友製薬) エバスチン 〇 〇 〇 (関連する記載なし) エフピーOD錠2.5mg (エフピー製薬) セレギリン塩酸塩 〇 〇 ・開封後、直射日光および高温・高湿を避けて保存 オルメテックOD錠10mg、20mg (第一三共) オルメサルタン メドキ

Nov 17, 2015 · セレギリン塩酸塩(エフピーod錠など)は、「選択的」阻害剤で、レボドパ含有製剤との併用でも相互作用を起こすことなくパーキンソン病の症状改善効果を示しますが、用法・用量の範囲内でも選択性を失うという報告や、長期投与において選択性が

併用注意: マオウ含有製剤 (エフェドリン類含有製剤 等) (110)

成分(一般名) : セレギリン塩酸塩: 製品例 : エフピーod錠2.5 ・・その他(ジェネリック) & 薬価 区分 : 抗パーキンソン剤/選択的mao-b阻害剤/パーキンソン病治療剤

エフピーOD錠2.5は、抗パーキンソン剤に分類されます。 抗パーキンソン剤は中枢神経系に作用するお薬です。 パーキンソン病やパーキンソン様の症状の治療に用いられます。 ドーパミンを増やしたり、アセチルコリンを減らしたりする効果があります。

エフピーOD錠2.5の用法用量、薬価、効果効能、副作用、禁忌、注意点や添付文書を掲載しています。Sirakus(シラクス)では適切な医薬品選びをサポートします。

医師・薬剤師による薬剤情報交換サイト「DI Station」。 薬剤名から最新の医薬品添付文や薬価の参照が可能!薬に関する評価や口コミの投稿、閲覧もできます。

エフピーOD錠2.5: セレギリン塩酸塩錠2.5mg「アメル」 セレギリン塩酸塩錠2.5mg「タイヨー」 ※主に添付文書、医薬品インタビューフォーム、審査報告書を参考に作成いたしました。

エフピーOD錠2.5は、抗パーキンソン剤に分類されます。 抗パーキンソン剤は中枢神経系に作用するお薬です。 パーキンソン病やパーキンソン様の症状の治療に用いられます。 ドーパミンを増やしたり、アセチルコリンを減らしたりする効果があります。

エフピーの併用禁忌 エフピーOD錠とゾーミッグが処方されている患者で、レセコンに併用禁忌のメッセージが出た。 で、エフピーの添付文書を調べたところ、 併用禁忌(併用しないこと)薬剤名等ペチジン塩酸塩(オピスタン等)*トラマドール塩酸塩(トラマール等)臨床症状・措置方法

[PDF]

リリカOD錠 25mg 6.0 6.0 3.0 PTLY 25 白色 素錠 リリカOD錠 75mg 8.3 8.3 4.8 PTLY 75 白色 素錠 リリカOD錠 150mg 10.5 10.5 6.0 PTLY 150 白色 素錠 【効能・効果】 神経障害性疼痛、線維筋痛症に伴う疼痛 [効能・効果に関連する使用上の注意]

扱っている薬は、ヨーデル®糖衣錠、ヨーデル®S糖衣錠-80、エフピー®錠2.5、2007年 エフピー®OD錠2.5、サレド®カプセル100、サレド®カプセル50、サレド®カプセル25ですから、グループ全体としても扱っている薬の種類が多いわけではなさそうですね。

一応添付文書には「本剤投与中止後14日間間隔をあけること」とか、「対象薬を中止後2〜3日間隔をあけてから本剤を服用開始すること」みたいに詳しく書いてくれてはいますけど。 ・エフピーOD錠2.5mg:301.9円/錠

これ数年前の話しなので、添付文書改訂されてないってことは公知申請ではないよね。 その辺の違いはよくわかりません・・。 でも、エフピー単独でも保険は通るのね。 ここまで覚えなくてはいけないの

薬品名 添付文書上の記載; オルメテック錠: 本剤をメトホルミン塩酸塩製剤又はカモスタットメシル酸塩製剤等と一包化し高温多湿条件下にて保存した場合、メトホルミン塩酸塩製剤又はカモスタットメシル酸塩製剤等が変色することがあるので、一包化は避けること。

大日本住友製薬の「ドプス」の各種情報を掲載しています。

アストマリ錠15mgは一緒に飲むことができない薬(併用禁忌)、飲み合わせに注意が必要な薬(併用注意)があり、それぞれ注意喚起されています 1) 。 併用禁忌の薬として、MAO阻害剤が挙げられており、セレギリンを成分とするエフピーOD錠などが該当します。

文書区分 : 医療用 一般用 pdf表示リンクを押下する事で、添付文書が表示されます。 販売名: エフピーod錠2.5 添付文書(pdf)を表示する

[PDF]

・過去にトラマールod錠に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人 ・アルコール、睡眠剤、鎮痛剤、オピオイド鎮痛剤または向精神薬による急性 中毒の人 ・モノアミン酸化酵素阻害剤(セレギリン塩酸塩(エフピー)、ラサギリンメ

アレグラ | 添付文書(副作用・効果・効能)。サノフィ 医療関係者向け 製品情報サイト、製品に関するさまざまな情報の閲覧や疾患啓発用小冊子のダウンロード等をご利用いただけます。 アレグラOD錠

[PDF]

– 2 – 麻薬・向精神薬(内用・外用)の投薬期間制限(2016 年4 月版) 〔実施上の留意点について〕 ①投与期間に上限が設けられている麻薬又は向精神病薬の処方は、薬物依存症候群の有無等、患者の病

[PDF]

① オーラップ錠3mgとクラリス錠50小児用について(事例1) 事例1において患者に投与していたのはオーラップ錠3mgであり、併用したのはクラリスロマイ シンのクラリス錠50小児用であった(図表Ⅲ-3-6)。オーラップ錠3mgの添付文書にはクラリ

エフピー錠(エフピー) エフピーod錠(エフピー) セレギリン塩酸塩錠「アメル」(共和薬品工業) セレギリン塩酸塩錠「タイヨー」(テバ製薬) セレギリン塩酸塩錠「マイラン」(マイラン製薬) その他: 精神神経用剤 117

ルボックス錠は一般名フルボキサミンで、デプロメール、フルボキサミンマレイン酸も同様のお薬です。 この記事では用法および他の薬との相互作用について説明します。 相互作用についてはその他のssriと大きな違いはありませんが、プラス面に作用する相互作用もあります。

【併用禁忌】 三環系抗うつ剤:トリプタノール(アミトリプチリン塩酸塩)等 【臨床症状・措置方法】 高血圧、失神、不全収縮、発汗、てんかん、動作・精神障害の変化及び筋強剛といった副作用があらわれ、更に死亡例も報告されている。

併用注意: マオウ含有製剤 (エフェドリン類含有製剤 等) (110)

高品質で安価な医療用医薬品を製造販売しているジェネリック医薬品(後発医薬品)メーカー。低薬価の医薬品で患者さんの医療費負担を軽減。特に精神科領域・アレルギー領域の品揃えに力を入れ、全国の医療機関に販売。医療関係者向けコンテンツや、q&aコンテンツなども充実。

エフピーOD (セレギリン塩酸塩) エフピー [処方薬] の処方目的、解説、副作用、剤形、保険薬価、先発、ジェネリックの区分、使用上の注意などを掲載しています。お薬検索[薬事典] – メディカルiタウン

併用注意: 中枢神経抑制剤 (フェノチアジン誘導体 等) (43)

抗パーキンソン病薬(antiparkinson, antiparkinsonian)は、パーキンソン病やパーキンソン症候群の症状を治療し軽減する目的で用いられる薬物の種類である。 これらの薬剤の多くは、中枢神経系(CNS)におけるドーパミン活性を増加させたりアセチルコリン活性を低下することによって作用する。

[PDF]

「トレリーフOD錠25mg」取扱い中止について 「エフピーOD錠2.5mg」取扱い中止について 「ポリドカスクレロール1%注2mL」取扱い中止について 令和元年7月8日 令和元年6月26日 ベルソムラ錠10mg 1T:10mg スボレキサント 不眠症

エフピーod錠は非可逆的にmao-bを阻害していたのに対して、サフィナミド錠は可逆的にmao-bを阻害します。 上記の薬理作用に加えて、サフィナミド錠はグルタミン酸の放出を抑制し、ドパミン及びセロトニンの再取り込みも抑制するという報告があります。

詳しい回答①:添付文書上で、一包化を避けるよう指示がある薬の一覧 添付文書上の「取扱い上の注意」の項目で、一包化を避けるよう明記されているのは、以下の薬です(2015年9月24日段階)。 ①吸湿性が強いもの 『アカルボース錠「yd」』

エフピーOD(2.5) 3錠 マドパー 3錠 1日3回 毎食後 28日分 エフピーODの用法に7.5mgの場合は朝食後5.0mg及び昼食後2.5mgを服用するとあるので疑義紹介の対象ですね。

ミルタザピンOD錠30mg「ニプロ」の用法用量、薬価、効果効能、副作用、禁忌、注意点や添付文書を掲載しています。Sirakus(シラクス)では適切な医薬品選びをサポートします。